民法改正

民法改正

民法(債権法)改正|相殺

民法改正 相殺できる範囲が拡大

相殺できる範囲が拡大 1. 不法行為債権等を受働債権とする相殺の禁止 ポイント 不法行為によって生じた債務であっても、人の生命身体の侵害ではなく、かつ過失によるものであれば、加害者でも相殺できるようになります。 理由 現 […]

民法改正

民法(債権法)改正|危険負担

危険負担 債権者主義を廃止

批判の多かった債権者主義を廃止 1.危険負担に関する規定の削除 ポイント 目的物や売主の責任にかかわらず目的物が滅失した場合、買主は契約の解除をすることができます。 理由 現行民法では、売買契約の目的物が特定物の場合、契 […]

民法改正

民法(債権法)改正|消滅時効

債権の消滅時効が原則5年間に短縮

債権の消滅時効の期間が原則5年間に短縮 1.債権の消滅時効における原則的な時効期間と起算点 ポイント 時効期間を原則5年間とし、権利行使できるときから10年間とする客観的起算点は現行を維持しました。 職業別の短期消滅時効 […]

民法改正

民法(債権法)改正|無効及び取消し

民法(債権法)改正 無効及び取消し

無効及び取消しのときの原状回復義務を明確化 1.法律行為が無効である場合又は取り消された場合の効果 ポイント 法律行為が無効である場合又は取り消された場合の効果について、相手方に原状回復義務を明示しました。このときの原状 […]

民法改正

民法(債権法)改正|代理

代理権濫用は無権代理行為に

制限行為能力者が法定代理人のとき、 代理行為について取消が可能となる 1.代理人の行為能力 ポイント 制限行為能力者が法定代理人となっている場合には、例外的にその代理行為について取消しを認めることとなりました。 理由 現 […]

民法改正

民法(債権法)改正|意思表示

錯誤は無効事由から取消事由へ 1.心裡留保と第三者保護の要件 ポイント 心裡留保の無効を、「善意の第三者」に「対抗」することはできません。「無過失要件」は不用であることを明確化しました。 理由 判例(最判昭和44年11月 […]

民法改正

民法(債権法)改正|消費貸借

民法(債権法)改正消費貸借

消費貸借は諾成契約でも成立することに 1.書面による諾成的消費貸借 ポイント 書面でした場合には、金銭等の目的物の引渡しをする前でも、契約は成立することになり、このとき貸主は借主に目的物を引き渡す義務を負うことになります […]

民法改正

民法(債権法)改正|法定利率

民法(債権法)改正法定利率

法定利率は固定制から変動制へ 1.変動制による法定利率 ポイント 法定利率が3年毎に見直しされて、固定制から変動制に移行します。 当初は年3%となります。(現行は5%) 現行の商事法定利率は廃止され、改正法第404条に集 […]