遺産分割

不動産登記

民法(相続法)改正|配偶者居住権

配偶者居住権

配偶者の居住権確保や生活保障のために、新たに配偶者居住権が創設  被相続人の死亡後、配偶者の居住権保護や生活保障のために配偶者居住権が創設された。配偶者居住権を取得した配偶者は、原則として、死亡するまでの間、居住建物を無 […]

民法改正

民法(相続法)改正|配偶者短期居住権

配偶者短期居住権の解説

配偶者が、被相続人が所有する建物に無償で住んでいたときは、遺産分割が終了するときまで、居住建物を無償で使用できる。ただし、居住建物が配偶者以外の者に遺贈している場合には、退去請求があってから6ヶ月間に限られる。また配偶者が死亡した場合には居住権は消滅する。

不動産登記

特別受益と相続分のないことの証明書

特別受益と相続分のないことの証明書

特別受益と相続分のないことの証明書(特別受益証明書) 被相続人から生前に贈与等によって多額の財産を譲り受けていた相続人がいる場合には、その相続人は遺産を相続することはできません。他の共同相続人は、生前に財産を譲り受けた相 […]

不動産登記

相続登記に必要な戸籍謄本とその種類

46. 相続登記に必要な戸籍謄本とその種類

戸籍謄本の種類と相続登記に必要な戸籍謄本の範囲 相続登記の申請には被相続人や相続人の戸籍謄本や除籍謄本などの各種戸籍を提出する必要があります。 戸籍謄本を取り寄せることで、被相続人が死亡したことや相続人が誰であるかを特定 […]

不動産登記

戸籍謄本などの書類は返却してもらえるのか

法定相続情報一覧図

相続登記で提出した戸籍謄本などの書類は 返却してもらえるのか? 相続登記の申請をするときには、戸籍謄本や遺産分割協議書などを法務局に一緒に提出する必要があります。これらの書類は一部を除いて原本返却の手続きをすることで、登 […]

不動産登記

相続人が1人のときの相続登記手続の方法

相続人が1人だけのときの相続登記手続き

相続人が1人だけのときの 相続登記手続きの方法 相続人が1人だけのときの相続登記手続きは、法定相続分に従って相続不動産を取得する場合とほぼ同じです。しかしどのような理由で相続人が1人になったのかということで、必要書類等が […]

不動産登記

法定相続分での相続登記申請書の書き方

法定相続分での相続登記申請書の書き方

相続登記の申請書の書き方 (法定相続分での相続登記) 相続人間で遺産分割協議を行わなかった場合もしくは成立しなかった場合には、相続不動産は法定相続分で共有することになります。(ただし遺言書がある場合には、遺言で指定された […]

不動産登記

遺言書がある場合の相続登記申請書の書き方

遺言書がある場合の相続登記申請書の書き方

相続登記の申請書の書き方 (遺言書がある場合の相続登記) 被相続人が遺言を残していた場合、遺言書で指定された相続人や受遺者が相続不動産を引き継ぐことになります。遺産分割の場合とは異なり、原則として相続人の意向というものに […]

不動産登記

遺産分割協議による相続登記申請書の書き方

遺産分割協議による相続登記

相続登記の申請書の書き方 (遺産分割協議による相続登記) 遺産分割協議とは、相続人全員が話し合いで相続不動産の取得する者を決定するものです。そこで相続登記申請では、その話し合いの結果を書面にした遺産分割協議書と相続人自身 […]

不動産登記

相続登記の必要書類の有効期間

相続登記の必要書類の有効期間

相続登記に必要な書類の有効期間 相続登記手続きに必要な各種書類には、申請から3ヶ月以内に取得したものに限られるなど、有効期間が定められている書類があります。相続登記の手続きをするとき、思いのほか手間暇がかかり、相続開始直 […]