民法改正

民法改正

民法(債権法)改正|詐害行為取消権

詐害行為取消の要件と対象となる範囲を限定し明確化

破産法の規律に合わせて、 成立の要件と対象となる範囲を限定し明確化 1.詐害行為として取り消される範囲 ポイント 債務者が、財産の処分行為をした場合に、受益者から相当の対価を取得しているときは、次の要件をすべて満たす場合 […]

民法改正

民法(債権法)改正|債権者代位権

債権者代位権

債権者代位権についての判例を明文化するとともに 債務者保護を図る方向性へ 1.債権者代位権の要件 ポイント 債権者代位権の行使について、裁判上の代位行使の制度を廃止しました。 理由 裁判上の代位行使は利用例に乏しかった。 […]

民法改正

民法(債権法)改正|契約解除

債務者の帰責性なくとも契約解除が可能

催告解除、無催告解除の要件として債務者の帰責事由は不要 1.催告解除の要件 ポイント 債務不履行による催告解除をする場合、債務者の帰責事由を要件としないことを明確化しました。債務者の帰責事由は解除に伴う損害賠償請求をする […]

民法改正

民法(債権法)改正|債務不履行による損害賠償

債務不履行による損害賠償の要件を明確化

債務不履行による損害賠償の要件を明確化 1.債務不履行による損害賠償とその免責事由 ポイント 債務不履行及び履行不能によって生じた損害賠償を請求について、債務者が「契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして […]

民法改正

民法(債権法)改正|売買

、

買主の追完請求権と代金減額請求権による救済を条文化 1.売主の追完義務 ポイント 売買契約の目的物が種類、品質又は数量に関して契約内容に適合しないものであるときは、買主は売主に対して追完請求ができる。 追完方法には、目的 […]

民法改正

民法(債権法)改正|弁済

第三者弁済した代位者の権利行使の要件と効果を明文化

第三者弁済した代位者の権利行使の要件と効果を明文化 1.第三者の弁済 ポイント 正当な利益を有しない第三者が債務者の意思に反して弁済することはできないとしたうえで、債務者の意思に反することにつき債権者が善意であるときは、 […]

民法改正

民法(債権法)改正|保証

保証人保護の観点から新しい規律が拡充

保証人保護の観点から新しい規律が拡充 1.連帯保証人について生じた事由の効力 ポイント 債権者が連帯保証人に対してする履行の請求は、原則、主たる債務者にその効力は及ばなくなり、連帯保証人に請求しても、主債務の消滅時効は停 […]

民法改正

民法(債権法)改正|定型約款

定型約款についてルールを新設して法的根拠を明確化

定型約款についてルールを新設して法的根拠を明確化 1.定型約款の定義とみなし合意 ポイント 定型約款とは、約款のうち、定型取引において、契約の内容とすることを目的として、あらかじめ準備された条項の総体と定義されます。定型 […]

民法改正

民法(債権法)改正|債権譲渡

譲渡禁止特約の効力は絶対効から相対効へ

譲渡禁止特約の効力が絶対効から相対効に 1.債権の譲渡禁止特約から譲渡制限特約へ ポイント 債権譲渡を禁ずる特約があっても、譲渡人と譲受人との間ではその譲渡は有効であることとなりました。この場合、債務者は悪意・重過失の譲 […]

民法改正

民法(債権法)改正|賃貸借

民法改正 賃貸借の対抗力や敷金、原状回復義務について明文化

対抗力や敷金、原状回復義務について明文化 1. 賃貸借の存続期間 ポイント 賃貸借の存続期間が現行民法では上限20年とされていたが、上限を50年に延長します。 理由 技術の進歩により長期間にわたる賃借物の維持・メンテナン […]