民法改正

不動産登記

民法(相続法)改正|共同相続における権利の承継

共同相続における権利の承継

共同相続時において、遺言や遺産分割によって法定相続分を超えた遺産を承継した相続人は、登記などの対抗要件を満たす手続きをしなければ、自らの法定相続分を超過する部分については、第三者に対抗することができないこととなった。債権の場合には、例外として権利を承継した相続人の単独による通知も認められることとなった。

民法改正

民法(相続法)改正|遺産分割前の預貯金の払戻しの仮払い制度

被相続人が銀行等に預けていた預貯金については、共同相続人全員の同意がなければ払戻しはできないとされていた。しかし相続人の生活費や葬儀費用などのために容易に相続人が預貯金を払戻すための法整備が求められていた。今回の改正によって、各相続人が単独で150万円を上限として、払戻し請求をすることができるようになった。

民法改正

民法(相続法)改正|自筆証書遺言の保管制度

法務居による遺言保管制度

法務局における遺言書の保管制度の創設 遺言書保管法の創設  遺言者は、法務局に対して自らが作成した自筆証書遺言の保管を申請することができるようになる。保管された遺言書は、原本の他、電子データとしても保管されることとなるの […]

不動産登記

民法(相続法)改正|配偶者居住権

配偶者居住権

配偶者の居住権確保や生活保障のために、新たに配偶者居住権が創設  被相続人の死亡後、配偶者の居住権保護や生活保障のために配偶者居住権が創設された。配偶者居住権を取得した配偶者は、原則として、死亡するまでの間、居住建物を無 […]

民法改正

民法(相続法)改正|配偶者短期居住権

配偶者短期居住権の解説

配偶者が、被相続人が所有する建物に無償で住んでいたときは、遺産分割が終了するときまで、居住建物を無償で使用できる。ただし、居住建物が配偶者以外の者に遺贈している場合には、退去請求があってから6ヶ月間に限られる。また配偶者が死亡した場合には居住権は消滅する。

民法改正

民法(債権法)改正|詐害行為取消権

詐害行為取消の要件と対象となる範囲を限定し明確化

破産法の規律に合わせて、 成立の要件と対象となる範囲を限定し明確化 1.詐害行為として取り消される範囲 ポイント 債務者が、財産の処分行為をした場合に、受益者から相当の対価を取得しているときは、次の要件をすべて満たす場合 […]

民法改正

民法(債権法)改正|債権者代位権

債権者代位権

債権者代位権についての判例を明文化するとともに 債務者保護を図る方向性へ 1.債権者代位権の要件 ポイント 債権者代位権の行使について、裁判上の代位行使の制度を廃止しました。 理由 裁判上の代位行使は利用例に乏しかった。 […]