民法改正

民法改正

民法(相続法)改正|自筆証書遺言の保管制度

法務居による遺言保管制度

法務局における遺言書の保管制度の創設 遺言書保管法の創設  遺言者は、法務局に対して自らが作成した自筆証書遺言の保管を申請することができるようになる。保管された遺言書は、原本の他、電子データとしても保管されることとなるの […]

不動産登記

民法(相続法)改正|配偶者居住権

配偶者居住権

配偶者の居住権確保や生活保障のために、新たに配偶者居住権が創設  被相続人の死亡後、配偶者の居住権保護や生活保障のために配偶者居住権が創設された。配偶者居住権を取得した配偶者は、原則として、死亡するまでの間、居住建物を無 […]

民法改正

民法(相続法)改正|配偶者短期居住権

配偶者短期居住権の解説

配偶者が、被相続人が所有する建物に無償で住んでいたときは、遺産分割が終了するときまで、居住建物を無償で使用できる。ただし、居住建物が配偶者以外の者に遺贈している場合には、退去請求があってから6ヶ月間に限られる。また配偶者が死亡した場合には居住権は消滅する。

民法改正

民法(債権法)改正|詐害行為取消権

詐害行為取消の要件と対象となる範囲を限定し明確化

破産法の規律に合わせて、 成立の要件と対象となる範囲を限定し明確化 1.詐害行為として取り消される範囲 ポイント 債務者が、財産の処分行為をした場合に、受益者から相当の対価を取得しているときは、次の要件をすべて満たす場合 […]

民法改正

民法(債権法)改正|債権者代位権

債権者代位権

債権者代位権についての判例を明文化するとともに 債務者保護を図る方向性へ 1.債権者代位権の要件 ポイント 債権者代位権の行使について、裁判上の代位行使の制度を廃止しました。 理由 裁判上の代位行使は利用例に乏しかった。 […]

民法改正

民法(債権法)改正|契約解除

債務者の帰責性なくとも契約解除が可能

催告解除、無催告解除の要件として債務者の帰責事由は不要 1.催告解除の要件 ポイント 債務不履行による催告解除をする場合、債務者の帰責事由を要件としないことを明確化しました。債務者の帰責事由は解除に伴う損害賠償請求をする […]

民法改正

民法(債権法)改正|債務不履行による損害賠償

債務不履行による損害賠償の要件を明確化

債務不履行による損害賠償の要件を明確化 1.債務不履行による損害賠償とその免責事由 ポイント 債務不履行及び履行不能によって生じた損害賠償を請求について、債務者が「契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして […]

民法改正

民法(債権法)改正|売買

、

買主の追完請求権と代金減額請求権による救済を条文化 1.売主の追完義務 ポイント 売買契約の目的物が種類、品質又は数量に関して契約内容に適合しないものであるときは、買主は売主に対して追完請求ができる。 追完方法には、目的 […]